简体中文  | English  | Español  | 日本語  | Português
Skip Navigation Links
ホーム
製品
ライブラリ
会社
お問い合わせ
サイトマップ
F/Tシステムの選択  
 
 
Skip Navigation Linksホーム > 製品 > 力/トルクセンサ > 力/トルクトランスデューサの選択


1. 予測されるモーメントと力を計算します。  

モーメント容量は、たいていは、お客様のアプリケーションに最適なトランスデューサを選択する際の決定要因になります。トランスデューサに取り付けたエンドエフェクタは、実行するタスクと共に、トランスデューサに与える力を生み、モーメントとなります。モーメントは、加えられた力(動的および静的な力を一緒に)にトランスデューサの原点から力が加わる点までの距離を乗算したものです。正常運転時の力とモーメントを超えるトランスデューサへの過負荷条件を考慮することも重要です。  

 

2. トランスデューサ強度を特定します。  

「F/Tのモデル」のページにある表を用いて、利用可能なトランスデューサモデルの測定レンジを比較します。  

   F/Tのモデル

 

3. 分解能を検証します。  

次に、求められる分解能を検討します。高分解能の要件は、モーメント容量に基づくトランスデューサの選択と対立します。レンジの広いトランスデューサは、分解能が粗くなります。  

 

4. 他のトランスデューサの仕様を検査します。  

選択したトランスデューサの詳細仕様をお客様のアプリケーション要件と比較し、選択したトランスデューサがお客様のアプリケーションに相応しいことを確信できるようにします。  

 

例:  

予測される最大測定荷重が98N(10kg)の力でエンドエフェクタの長さが25cmである場合、生成するモーメントは24.5Nmです。最適なF/TはDelta/SI-330-30(330 N、30 Nm)であり、24.5Nmのモーメントを扱えます。このモデルの最大単軸モーメント定格(Txy)は190Nmであり、過負荷の状況に対しても十分です。  

 




Skip Navigation Links.



 
 
ATI Industrial Automation
1031 Goodworth Dr. | Apex, NC 27539 USA
電話:+1 919-772-0115 | Fax:+1 919-772-8259
ホーム
製品
ロボット式ツールチェンジャ
力/トルクセンサ
ユーティリティカプラ
マニュアル式ツールチェンジャ
Material Removal Tools
リモートセンタコンプライアンスデバイス        
ロボット式衝突センサ
ライブラリ
用語解説
動画
3D CAD Models
ソフトウェア   
会社
最新情報
展示会
信用取引申請書
採用情報
Privacy Policy
お問い合わせ
セールスとサポート
資料請求
製品のご登録
お車でのアクセス
サイトマップ
© 2022 ATI Industrial Automation, Inc. All rights reserved.
 
  Join A3 Today

 Facebook   Twitter   YouTube  

Privacy Policy Novanta  • Sales Terms & Conditions  • Purchasing Terms & Conditions  • CCPA Novanta