简体中文  | English  | Español  | 日本語  | Português
Skip Navigation Links
ホーム
製品
ライブラリ
会社
お問い合わせ
サイトマップ
Compensator Lock-Up & Lock Sensing Features  
 
 
Skip Navigation Linksホーム > 製品 > コンプライアンスデバイス > RCCリモートセンターコンペンセータ > ロックアップとロックセンシング機能(オプション)

Lock-Up Feature (Optional)

ロックアップを装備したユニットには、60psi ~ 120 psi(4.1 ~ 8.3 bar)のエア供給を用いることを推奨します。厳しいロック条件では、エア供給は最大で120 psi(8.3 bar)に調整可能です。ロックアップは、希望するフィッティング(ロックまたはアンロックフィッティング)にエアを供給することで操作します。シリンダが正しく動作するには、逆側のフィッティングが排気となる必要があります。ユニットは垂直位置にロックすることを推奨します。こうすることで、正常なロック状態が生まれます。厳しいロック条件となるのは、荷重のかかったユニットを水平位置にロックするときです。そうした状態では、ロックアップ機構により荷重が持ち上げられることになります(下図参照)。  

厳しいロック条件ではロックアップネジブッシュに通常以上の摩耗が生じることに注意してください。通常条件および厳しいロック条件において推奨される潤滑油の注油間隔は、「コンペンセータの取付・操作マニュアル」の『セクション7:メンテナンス』をご覧ください。  

流量調整バルブを用いると、ロックアップネジがツール側(ボトム)プレートに入る加速度を小さくし、ロックアップネジブッシュの摩耗を低減するのに役立ちます。  

 



ロックセンシング機能(オプション)

ロックセンシングは、ロックアップネジの位置をモニタリングすることで実現します。シリンダに空気圧がかかってユニットがロックされているとき、ロックアップネジはツール側(ボトム)プレートに引き込まれています。ロックアップネジが近接センサのセンシング範囲に入ると、ロック信号を送信します(下図参照)。  

Skip Navigation Links.



 
 
ATI Industrial Automation
1031 Goodworth Dr. | Apex, NC 27539 USA
電話:+1 919-772-0115 | Fax:+1 919-772-8259
ホーム
製品
ロボット式ツールチェンジャ
力/トルクセンサ
ユーティリティカプラ
マニュアル式ツールチェンジャ
Material Removal Tools
リモートセンタコンプライアンスデバイス        
ロボット式衝突センサ
ライブラリ
用語解説
動画
3D CAD Models
ソフトウェア   
会社
最新情報
展示会
信用取引申請書
採用情報
Privacy Policy
お問い合わせ
セールスとサポート
資料請求
製品のご登録
お車でのアクセス
サイトマップ
© 2022 ATI Industrial Automation, Inc. All rights reserved.
 
  Join A3 Today

 Facebook   Twitter   YouTube  

Privacy Policy Novanta  • Sales Terms & Conditions  • Purchasing Terms & Conditions  • CCPA Novanta