简体中文  | English  | Español  | 日本語  | Português
Skip Navigation Links
ホーム
製品
ライブラリ
会社
お問い合わせ
サイトマップ
ATI DAQ F/Tソフトウェアダウンロード  
 
 

ATI DAQ F/Tソフトウェアダウンロード

ATIは、お客様のセンサシステムで力とトルクを測定する3つのソフトウェアインターフェイスを提供し、お客様がF/T計算を手動で行うサポートも行っています。これらの方法のうち、どれが正しいのかわからない場合は、以下のハイパーリンクをクリックし、それぞれの方法の説明と、どのお客様にそれぞれの方法が最適であるかをお読みください。

DAQインターフェイスの選択

ATICombinedDAQFTクラスライブラリとWindows Demo

ATICombinedDAQFT .NETクラスライブラリは校正ファイルを読み、お使いのNI-DAQmx互換DAQデバイスを制御し、お使いのトランスデューサの力とトルク値を計算します。このクラスライブラリは、Microsoft Visual Studio .NET、LabVIEWバージョン7以降など、.NETクラスライブラリをサポートするどのプログラミング環境でも再利用できます。プログラミングAPIはインストールパッケージと共に含まれるヘルプファイルに記されています。  

デモプログラムは、お客様の新しいATIセンサシステムを試験し、基本データを収集するのに素晴らしい場所です。デモには「ワンショット」と継続的データログ取りの両方のサポートが含まれます。メイン画面では、現在の力とトルクのセンサ読み値をライブのバーグラフで表示します。デモには、出力ユニットやツールトランスフォーメーションなど、お客様のF/Tシステムを構成するオプション一式も含まれ、トランスデューサ表面以外にも、ある点に働く力とトルクを測定できます。

このパッケージにより、ATICombinedDAQFTクラスライブラリ、デモプログラム、関連するヘルプファイルをインストールします。National InstrumentsのNI-DAQmx 9.5.1以降が必要です。www.ni.comから最新版のNI-DAQmxを無料で入手できますが、登録が必要です。

ATIDAQFT.NET.MSI (Demo version 2.0.4567.16093, .NET class library version 1,0,4,2)

 

ATICombinedDAQFTクラスライブラリとWindows Demoソースコード

Note: The Managed C++ code used in the ATICombinedDAQFT library uses deprecated syntax for declaring managed objects, and no longer compiles in in Visual Studio versions from Visual Studio 2019 and greater.

Windows Demoとクラスライブラリのソースコードが無料で提供されています。ソースコードは、ご自身のアプリケーションを書くのに最良の開始点です。NI-DAQmxでサポートされていないDAQデバイスをお持ちでしたら、クラスライブラリを修正してお客様の特定のDAQデバイスで動作するようにできます。National InstrumentsのNI-DAQmxが必要です。ソースコードをコンパイルする前に、すべての依存関係をインストールできるよう、上記セクションのデモバイナリをインストールすることも推奨します。

DAQSOURCE.ZIP (Demo version 2.0.3789.25849, .NET class library version 1,0,4,2)

 

LabVIEWライブラリ

LabVIEWライブラリは、校正を読み込み、DAQトランスデューサからF/Tを読み、出力にツールトランスフォーメーションを適用します。atidaqft-mx.llbファイルは単一のトランスデューサから読むのに使用し、Mutiple Transducers.llbファイルは複数のトランスデューサと共に機能し、複数のDAQデバイスに対応することもできます。これらは両方ともDAQLibrary.llbライブラリアーカイブに依存します。National InstrumentsのNI-DAQmxも必要です。

ATIDAQFT-MX.LLB

Click here for the LabVIEW 9 version of the library. ATIDAQFT-MX-LV9.LLB

 

ATIDAQ Cライブラリ

このコードライブラリは標準Cを用いて校正ファイルを読み、トランスデューサシステムを構成し、データ取得システムからの生の電圧値を力とトルクに変換します。このライブラリはお使いのDAQデバイスを制御しません。電圧を読み取るソフトウェアルーチンを書かなければなりません。Cライブラリは、Windowsベースではないアプリケーションの開発に推奨される方法です。

ATIDAQ C Library.zip  (1.0.7)

 

Windows以外のOS用DAQドライバ

さまざまなDAQカードのLinuxドライバは  www.comedi.orgをご覧ください。.  National Instrumentsは多くのプラットフォームで利用できるドライバ開発キットも提供しています。National Instruments DDKは見つけることができます。  こちらをご覧ください。Mシリーズデバイスについては、National Instruments自身のLinuxドライバが提供されています。入手については  こちらをご覧ください。.

 

DAQ F/T手動計算

このMicrosoft Excelスプレッドシートは、アドバンスアプリケーションで手動でF/T変換計算を行うデモを行います。このシートにより、校正ファイルを読み込み、温度補償を含む力とトルクの計算を確認し、ツールトランスフォーメーションを入力します。

DAQ FT Manual Calculations.zip (1.0.4)

 

Visual C++ NI-DAQmxサンプルアプリケーション

このサンプルには、NI-DAQmxを用いてお客様のNational Instruments DAQデバイスから電圧値を読み、ATIDAQFT ActiveXコンポーネント(NI-DAQmxデモまたはTraditional NI-DAQデモのいずれかと一緒にインストール)を用いてF/T値を計算する、Visual C++ 2015プロジェクト用のソースコードが含まれています。

NI-DAQmx-VC2015.zip  (version 1.1.0)

Traditional NI-DAQソフトウェアファイル

次のダウンロードはNational Instrumentsの「Traditional NI-DAQ」を用いてお客様のデータ取得カードから電圧を読み取ります。Mシリーズデバイスをお使いの場合は、これらのプログラムを修正しないと使えません。古いEシリーズNI-DAQデバイスのいくつかは、Traditional NI-DAQと新しいNI-DAQmxドライバの両方にサポートされています。新規開発でお客様のDAQデバイスをNI-DAQmxがサポートしている場合、上位のNI-DAQmxソフトウェアを使用することを推奨します。

ATIDAQFT ActiveXオートメーションサーバとWindows Demo

ATIDAQFT Windows ActiveXコンポーネントは校正ファイルを読み、トランスデューサシステムを構成し、どのようなデータ取得システムからでも生の電圧値を力とトルクに変換します。ATIDAQFTは、Microsoft Visual Basic 6.0、Microsoft Visual C++、Microsoft .NETプラットフォーム、National Instruments(NI)LabVIEW、その他多くのActiveXまたはオートメーションコンテナをサポートする開発プラットフォームで使用できます。そのプログラミングAPIはATIDAQFTヘルプファイルに記されており、インストールに含まれています。

ATI DAQ F/T Windows Demoは、お客様のトランスデューサシステムをWindowsで試すのに良い場所です。この実行可能プログラムはTraditional NI-DAQとATIDAQFTを使用し、サポートしているNIボードからF/Tデータをリアルタイム表示します。F/Tシステムを構成するオプション一式を提供します。ActiveXコンポーネント自体はハードウェアに依存しませんが、デモの使用にはNational Instrumentsの「Traditional NI-DAQ」が必要です。そして、National Instruments DAQデバイスがインストールされていなくても、お客様のアプリケーションで再利用できます。

このパッケージにより、ATIDAQFT ActiveXオートメーションサーバ、Windows Demo、ヘルプファイルをインストールします。

ATIDAQFT.msi  (Install Pack: 1.2.4; contains ATIDAQFT Component: 1.2.4, Windows Demo: 1.2.4)

 

Windows Demoアプリケーションのソース

このMicrosoft Visual Basic 6.0プロジェクトには、ATI DAQ F/T Windows Demo用のソースコードが含まれます。このソースコードを利用するには、Demo、ActiveXコンポーネント、National Instrumentsの「Traditional NI-DAQ」をインストールする必要があります。

ATIDAQFT Windows Demo VB6.zip  (1.2.4)

 

LabVIEWライブラリ

このLabVIEW VIライブラリは、NI-DAQの提供するAnalog Input VIsとATIDAQFTオートメーションサーバを使用します。サンプルLabVIEWアプリケーションはF/Tデータをリアルタイム表示します。ライブラリは他のブランドのDAQデバイス用に簡単に修正できますが、サンプルアプリケーションの実行にはATIDAQFTコンポーネント(1.0.0以降)とNational Instrumentsの「Traditional NI-DAQ」が必要です。LabVIEW 7.0以降が必要です。  

ATIDAQFT LabVIEW Library.zip  (1.2.0)

 

Visual C++サンプルアプリケーション

このサンプルには、力とトルクの計算にATIDAQFTコンポーネントと「Traditional NI-DAQ」ソフトウェアを使用する、Visual C++プログラム用のソースコードが含まれています。パスをNI-DAQヘッダファイルに書き換え、nidaq32.libとnidex32.libのファイルをプロジェクトに追加しなければならない場合があります。ATIDAQFTとNational Instrumentsの「Traditional NI-DAQ」が必要です。

ATIDAQFT Visual C Sample.zip  (1.1.0)

 

ATIDAQFTを用いたFT変換

このMicrosoft Excel 97スプレッドシートは、ATIDAQFTコンポーネントとVisual Basic for Applicationsを用いたF/T変換計算のデモを行います。

FT Conversion with ATIDAQFT.zip (1.0.0)



 
 
ATI Industrial Automation
1031 Goodworth Dr. | Apex, NC 27539 USA
電話:+1 919-772-0115 | Fax:+1 919-772-8259
ホーム
製品
ロボット式ツールチェンジャ
力/トルクセンサ
ユーティリティカプラ
マニュアル式ツールチェンジャ
Material Removal Tools
リモートセンタコンプライアンスデバイス        
ロボット式衝突センサ
ライブラリ
用語解説
動画
3D CAD Models
ソフトウェア   
会社
最新情報
展示会
信用取引申請書
採用情報
Privacy Policy
お問い合わせ
セールスとサポート
資料請求
製品のご登録
お車でのアクセス
サイトマップ
© 2022 ATI Industrial Automation, Inc. All rights reserved.
 
  Join A3 Today

 Facebook   Twitter   YouTube  

Privacy Policy Novanta  • Sales Terms & Conditions  • Purchasing Terms & Conditions  • CCPA Novanta